FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

今、この当時のことを思い出すとちょっともったいないことしたかな…って思います(笑)


仕事はショップ店員です。
仕事柄、デニムなどのカジュアルな服装が多いので最近はめっきり少なくなりましたが高校時代、専門学校時代はよく痴漢にあいました。

痴漢にあったと話すと学校の友人などは、
「私は捕まえてつきだしたよ!」
などとよく自慢げに話していましたが、私はいつも痴漢にあうと、黙って触られているんです。

相手のことを考えると…って思ってかわいそうになる感情と、あとは「怖い」って気持ちの中に「いやらしいことをされている」っていうマゾ的な複雑な感情が入り混じってきて強く拒否できないんです。
学生時代、まだ処女だった私にはよくわからないことだったけれど、きっとこの当時の体験が今の性癖をあらわしてると思うんです。

男性の支配下で快楽を得るという性癖。
私は都内で一番混雑するといわれている電車で通学していたんですが、乗車する列で毎日のように私の後ろに並び、混雑するどさくさに紛れて私にぴったりと寄り添ってくる人がいたんです。

40代半ばくらいでしょうか?いわゆる普通のサラリーマンです。
私の真後ろで息を荒くして、自分の固くなったものを押し付けてきます。
最初のうちはスカートの上から軽く触る程度でしたが、私が抵抗しないとわかるとその人の行動は日に日にエスカレートしていきました。
真正面で向かい合って胸をなでるように触ってきたり、お尻を強く揉んだ…
その人を見つけて別の車両に乗ろうとしても追ってくるんです。

そしてある日、ついにその人の手が私のスカートの中に延びてきました。
怖くてそのときばかりは必死に抵抗したんです。
声は出しませんでしたが、スカートの中に延びてきた手を振り払おうとしたんです。

するとその人は、私が振り払おうとした手を握り返してきたんです。
満員電車でしかも男性の力、もう抵抗できませんでした。

しかも、私が今まで抵抗してこなかったのに初めて抵抗しようとしたしぐさを見せたことによってその痴漢は一層興奮したようでした。
息はいつもより荒くなり、私の耳から首筋にかけて熱い息が降りかかってきます。
私の右手首を握り締めたままもう片方の手で、太ももの間に手を延ばしそのまま下着の上からお尻の割れ目をなぞります。
男性にそのように触られたことがなかった私は、そのゾクゾクする感触がなんなのか、何をされているのかわかりませんでした。
くすぐったいような…気持ちいいような…

下着はみるみるいやららしい汁でぐっちょりになってるのがわかりました。
(その当時はなんでそうなるのかわかりませんでしたが…)
ただ満員電車だったため、私の感じるところをその痴漢もうまくつきとめられなかったらしくただやみくもに触れているようでした。

やがて目的地の駅に到着し、私は逃げるように降りていきました。
そのときはただ怖かったので人に話すことも出来ませんでした。

今、この当時のことを思い出すとちょっともったいないことしたかな…って思います(笑)
今の私がスカート姿で痴漢にあったら間違いなく足を広げてクリトリスをしっかり刺激してもらいます。
でもなかなかあわないもんですね。
胸元の開いた谷間がばっちり見える服で痴漢にあうのを待ってるのに…

お尻に当てられたそれは、硬くなってることが嫌でもわかるくらいでした。


今年で20になる都内の大学生です。
先の1月に、大学の課題のためにとあるリサイタルに出かけることになりました。
普段は地味な格好なのですが、リサイタルということで少しくらいおしゃれしなきゃと、何年か前に妹に見繕ってもらった、私にとってはちょっと露出が大きい服を着ていきました。
寒くて嫌だなぁと思いましたけど、実用ばっかり考えていたらおしゃれはムリだよ、こういうのは我慢なんだからと母に言われていたこともあって、自分を納得させていました。
大学の近くに住んでいることもあって、あまり電車に乗ることもなく、満員電車なんてほとんど未経験でした。
6時前の電車に乗って、そのぎゅうぎゅう詰めにびっくりしました。
 
 
行きは何事もなくホールについて、リサイタルが終わったのは9時過ぎでした。
この時間ならほとんどの人は帰り着いてる頃だろうし、さっきみたいにぎゅうぎゅうにされることもないだろうな、なんて思っていたのですけど、全然そんなことはありませんでした。
ホームに入ってきた電車を見て、憂鬱な気持ちになったのを覚えています。
一人で時間を潰すのも苦手でしたし、知らない土地だしもともと出不精だったため、そのあたりをぶらぶら歩くなんてこともしたくなかったので、嫌々ながらも押し込まれていきました。

入ってきた向かいのドアの、座席と少しスペースが空けられているところ?と言って伝わるでしょうか。
電車に乗るときはいつもそのあたりに立っていたので、ぎゅうぎゅうながらも自然とその方に足が向いていました。
外を向くような形で立って、そのまま電車が発車しました。

そのすぐあとから、お尻の辺りでもぞもぞ動いているのがわかりました。
私も行きの電車で身体を動かそうともぞもぞしていたので、後ろの人も窮屈なんだろうなぁ、くらいに思っていました。
けど、すぐにその感触は大きくなっていって、撫でられてるのかも、とわかるくらいでした。
お尻の間にも何か押し当てられて、あ、これが男の人の・・・なんてびっくりしつつも、痴漢ですなんて声をあげるのもなんだかなぁ、なんて思っていました。

お尻に当てられたそれは、硬くなってることが嫌でもわかるくらいでした。
男性にお尻を触られたり、ましてや硬いのを押し付けられたりなんてされたことがなく、どうしようかなぁ、とのん気に考えてるうちに、その痴漢さんはだんだん大胆になってきました。
お尻をなでたりしているうちに服をまくって、今度は下着の上から押し付けてきました。

性体験はないのですが、チャットHやイメプで奉仕するのを楽しんでいたせいか、そのとき私はその痴漢さんに出させてあげようかな、と思ってしまいました。
私のほうから身体を動かして刺激したんです。
そうしたら、身体を離していって・・・びっくりしちゃったのかな、と思っていると、股の間にあれを滑り込ませてきました。
電車の中で露出するなんて・・・とびっくりしましたけど、下着一枚隔てて初めて触れる男性のそれの鼓動を感じて、びくびくしてるなあ、そんなに出したいのかなあと何だか変な気分になっていきました。
私もすっかり濡らしていて、下着が湿っているのがばれたら恥ずかしいと思いつつも身を任せていました。

痴漢さんはしばらくそのままゆっくり擦っていたのですけど、またすこし身体を離しました。
今度は何だろうと思っていると、下着を下ろされそうになりました。
足元まで落ちたら見つかるかもしれないと思って、少し脚を広げて太ももにひっかけるようにしてしまいました。
今思えば、足を閉じればよかったのにと思います。
そうしていると、また痴漢さんが滑り込ませてきました。
今度は直に・・・痴漢さんは私が濡れているのを自分のに擦りつける様にゆっくり腰を揺らし始めました。
頭の後ろのほうに痴漢さんのだと思います、熱い吐息が吹きかけられているのを感じました。
私もよろけたようにして、腰を少し突き出して痴漢さんを刺激しながら自分でも感じて震えていました。

そうしたら、痴漢さんは引いて今度は私のあそこに先っぽを当ててきました。
そんなに私としたいの・・・?なんて熱に浮かされたように思いながら、やっぱり怖くなって腰を引いても腰を掴まれていて逃げられなくて、身動きしようにもほとんど動けない状態で・・・何度か擦られているうちに、少し入ってきてしまって・・・。
すぐに、じゅぷって、簡単に奪われてしまいました。

少し痛みもありましたし、知らない人に、それに電車の中で初めてを奪われちゃったんだ、とショックはありましたけど、今までは想像でしかしなかった行為をしてるんだなんていう思いもあって、身体は火照ったままでした。
痴漢さんの大きくて固くなっているのを、大事なところではっきりと感じちゃいました。
声が出ちゃいそうになるのを頑張って我慢して、でも息が苦しくなるから変な声を出してしまったりで・・・自分でもわかるくらい真っ赤になっていたと思います。
痴漢さんは動いたりするでもなくて、電車の揺れで出し入れしている感じでした。

また出させてあげたいなんていう思いが沸いて来て、自分なりにお腹に力を入れてみたり、少し腰を揺らしたりしているうちに、痴漢さんがまた腰を掴んで密着してきました。
どうしたの?と思っていると、中でびくびくしているのが感じられました。
うそうそって思ってもどうにもできなくて、どくどく中に出されてるのを感じて・・・すごくいけないことをしてるんだと思うと我慢できなくなって、私もぶるぶる震えて力が抜けてしまいました。
初めてなのに、知らない人の精液を受け止めてしまって・・・なるべく周りに聞こえないように、必死に息をしながらまだ興奮が抜けきりませんでした。

びくびくが収まっても、痴漢さんはそのまま抜こうとしなかったのもあって、ここまでしちゃったならもっと体験しようかなと思って、少し落ち着いてから腰を揺らして刺激してみました。
痴漢さんもすぐにまた硬くして、今度ははっきりと突いてきて・・・また中に出されました。
痴漢さんの精液を受け入れながら、こんな風にびくびくさせて吐き出してるんだ・・・とか、出せて満足したのかな・・・?とか、少し冷静になって考えたりしました。
そのあともう一回中に出されて、下着と服をなおされました。

家の近くの駅に降りてから怖くなって、急いで帰って綺麗に洗い流しました。
それでもう大丈夫、なんとかなるなるといつものように思って寝てしまいました。
長くなってしまいましたが、読んでくれてありがとうございます。
うまく描写できないこともあって、ちょっともやもやしますけど・・・

6年生一貫校の中学生の男の子にわざと密着して


31歳の独女OLです。
毎朝同じ電車に乗ってくる6年生一貫校の中学生の男の子にわざと密着して、お尻かアソコを彼のモノに押し付けています。すぐ勃ってくるのが分かる。時に、カバンを持つ手を股間で挟んだりもします。彼が前になった時は、胸を背中に押し付けます。向かい合わせの時は彼の太ももを股間に挟み、胸も押し付けます。約25分間の朝の愉しみ。駅に着くと、いつもトイレで点検です。アソコはしっとりと濡れている。
毎日同じ時刻、同じ車両、同じドアから乗るんだけど、彼も同じ場所にいて移動しようとしない。もう、お互いに了解済みという感じ。いつか高校生になったら、誘ってみようかしら。

「ほんとに痴漢されてるんだ・・・あたし」と思ってしばらくそのままにしていると


はじめまして。26歳のともこです。先週初めて痴漢にあってしまいました。しかも一週間の内に何度も痴漢にあっちゃいました、というか意図的なのですが…

というのも、あたしの住んでいるところは結構田舎(西の方です)で、通勤ラッシュがなく会社にも車通勤をしてるので、今まで痴漢というものにあった事がありませんでした。

でも前から痴漢にはすっごく興味があって、ネットで掲示板を見たりしてました。(この掲示板も前々からチェックはしていました。)でもどうしても痴漢に会ってみたくて、友達の所に遊びに行くついでに東京で痴漢を体験する事に決めて、会社の有給をつかって東京に行ってきたんです。ちょうど昨日の夜に帰ってきました。


先週の日曜に上京して、日と月は友達がお休みでディズニーランドにいったり普通に東京観光をしました。(東京ははじめてだったので、完全におのぼりさんでした)火曜から友達は普通に仕事で、あたしは完全に自由行動だったので、さっそく、有名なあの満員電車に乗ってみることにしました。

友達を見送った後、この日のために準備していた服に着替えました。割と胸元の開いた白っぽいタンクトップと黒のジャケット、下は短めのスカートというあたしとしてはかなりがんばった感じでまとめて、駅に向かいました。

駅につくまではどきどきしていたのですが、東京の朝のラッシュをみて唖然。こんなに人がいたら痴漢さんもいっぱいいるだろうなぁ・・・と、人の多さに圧倒され、整列乗車というものもよくわからずしばらく立ち尽くしてしまいました。でもせっかく東京に来たのだからと思って、事前情報をもとに車両と車両の間の座席がないところの列にならんで、次の電車にのることにしました。

ホームに入ってきた電車に乗ってる人の多さを見て「ほんとに乗れるのかな?」とちょっと不安に思いました。でも扉が開くと同時に人がいっぱいおりて、その後の列の流れに押されて、半ば無理矢理電車にのせられる格好になってしまいました。

電車の中は、田舎者のあたしには信じられないくらいぎゅうぎゅう詰めになってて、(すみません、なんか田舎もん丸出しで、全然痴漢体験じゃなくなってます)汗)全く身動きができないというのはこういうことなんだぁと、半ば関心していました。


幾つか駅に着くたびにごった返しになりながらも痴漢されやすいという隅っこの方になんとか移動することができました。

でもしばらくそれらしい事がなかったので、「服装が失敗したのかな?」とか「もっと露出度の高い方がよかったのかな?」と考えていた時、不意に来たんです。誰かの手らしいものが、ちょうどスカートの上からお尻を触っているような感覚でした。「これが痴漢かな」と思ってしばらくじっとしていると明らかにそれは人の手の甲で、その手が今度は手のひらで確実にあたしのお尻を触っているのです。

実際に痴漢されていることに気づいた瞬間、一瞬目眩のような感じになってしまいました。「こんな感覚なんだぁ」と初めての経験にしばらく呆然としてしまったのです。痴漢さんの手は徐々に大きくなでるようになり、時々下着のラインを確かめるような動きをしたり、太ももも触ったりしてきました。

「ほんとに痴漢されてるんだ・・・あたし」と思ってしばらくそのままにしていると、痴漢の手は腰を伝ってあたしのおなかあたりを触りながら、タンクトップの裾からキャミソールを捲って、おへそのあたりに手を延ばしてきました。その痴漢さんは周りにばれないように、時々おへその中に指を入れたりしてきました。おへそなんてあんまり意識してなかったので、くすぐったいような、気持ちいいような感じでした。

あたしがまったく抵抗しなかったからだと思うんですが、その痴漢さんは徐々に手を下の方に持っていって、スカートの上からちょうどあそこのあたりに手をのばしました。痴漢が初めてのあたしにとっては衝撃の出来事で、スカートの上からだったのですが、思わず体がビクっとなってしまいました。

それにびっくりしたのか一度痴漢さんは手を離したのですが、また腰の辺りから触りはじめ、やっぱりスカートの上からあそこを直接さわりはじめました。

スカートの上からゆっくり押し付けるようにあそこを刺激されるたびに、自分がびっくりするくらい濡れているのに気づきました。そのままその痴漢さんはエスカレートして、スカートの裾から中に手を入れて下着の上から直接触ってきました。

「下着を挟んで、知らない人の指があたしのあそこを直接触ってる。しかもこんな電車の中で・・」そう思うとより感じてきてしまい、その感覚は今までしてきたHよりも刺激的で、痴漢されたいと思っていたあたしの願望を満たすには十分すぎました。

多分痴漢さんにも、びっくりするくらいぐっしょりになっている下着の感覚はばれていたと思います。しばらくの間、あたしは痴漢さんの指の動きを下着ごしに感じ、その快感に体をゆだねていました。

次の駅に着くまで、クリの部分を指で転がしたり下着を食い込ませたりして痴漢さんはどんどん激しく触ってきました。あたしの快感は限界に達しようとしていて、これ以上激しくされると声がもれそうなくらい感じてしまっていました。今思えばすごくもったいない事をしたなーと思うのですが、そのときのあたしは恥ずかしくて次の駅で降りてしまったのです。

結局降りてしまって、どんな人が触っていたのかさえわからなかったのですが、初めての経験に呆然としてしまって、ホームのベンチで座ってぼうっとしてしまいました。時間にしては十数分の出来事だったのですが、あたしにとっては何十分も触られていたような感じがしてました。

ベンチにすわりながら、さっき自分に起こった出来事を思い出していると、どんどん体が熱くなって火照ってしまう感じがしました。「誰でもいいからもっと触ってほしい、もっと感じさせてほしい」と思いながらも、当然、そんなことができる訳でもなく・・・。結局その後、駅のトイレに入って声を押し殺してさっきの事を思い出しながら、一人でオナニーをしてしまいました。もちろん、そんなところでオナニーするなんて言う事も初めての経験です。

その日は一人でいろいろ買い物や観光をしてみたものの、朝の出来事が忘れられず、思い出すたびに体が熱くなってしまうような感じでした。

どうやら誰かがセックスをしているようでした


先日電車に乗って買い物いこうと快速に乗った時、痴漢にあっている女性の人を見てしまいました。 私が乗った電車は実は痴漢車両だったらしく、私の目の前に居た和服の女性は左右後ろを長身の男性達に囲まれなすすべもなく痴漢され続けていました。 私は関わって次に狙われるのが怖くて終始黙ったままわざと気づかない振りをして目的地の駅で降りました。 ですが、その後、一度買い物を済ませてから駅のトイレを利用したところ、隣のトイレから女の人の声となにやら物音するのに気づきました。 そっと壁に耳を当てて聞き耳を立てたところ、どうやら誰かがセックスをしているようでした。 鉢合わせになるのが恥ずかしくて、隣りの人が出る物音を確認してからトイレを出たのですが、なんと、そこに居たのは買い物前に痴漢にあっていた女性の方でした。 本当にびっくりしました、お互い顔を合わせてしまったのですが一瞬固まってしまいました

http://blog.livedoor.jp/atena21/

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。